So-net無料ブログ作成
検索選択

Gorillaz - Demon Days [Artist G-I]

年の瀬のこの時期に聞きたくなる作品。
ファンキーでヒップホップでロック。
猥雑でふざけていて、でも思わず踊ってしまう。
アニメ・キャラクターになりきることで、現実を笑い飛ばすとともに、現実とおさらばする。年末特番がどれもいんちきで、大げさで、所詮録画の茶番とわかっていながら、私たちのお茶の間を占拠していくのも、Gorillazを聞いているとたいしたことないと思えてしまう。なんで彼らが紅白に出ないんだろう。

その実、かなり冷静。
Gorillazに貫かれるクールは、批評に徹することの後ろめたさと謙虚さの表れか。底抜けに暴れまわらないところに、彼らの苦悩を読み取り、思わず涙する。

Demon Daysを聞いて泣く。
これも年末の異常気象だなあ。
108回目のプロポーズで煩悩を打ちのめせ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

かわせみ

> 年末特番がどれもいんちきで、大げさで、所詮録画の茶番

まったく、そのとおり。 酷すぎる! いつからだろう ・・・
by かわせみ (2007-12-30 22:18) 

ezsin

ね。ずっと昔からって気がします。歌合戦に格闘技に無人島。年末というより世紀末ですよね・・
by ezsin (2007-12-30 23:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。