So-net無料ブログ作成
検索選択

Holly Golightly & The Brokeoffs - You Can't Buy A Gun When You're Crying [Artist G-I]

Holly Golightlyと聞いたら、まず「ティファニーで朝食を」を思い浮かべるでしょうが、こちらは英国のシンガーソングライター。本作は彼女のサイドプロジェクト。

のんべんだらりんのブルース・カントリー。
幻か現実かわからなくなる、かすみのようなバーチャル・ウェスタン・ワールド。まるでTom Waitsが不思議の国のアリスとの間に作ってしまった隠し子・・

緩みまくった神経に、麻酔薬のように左右する。

効きます。

レトロなテーマに焦点を絞る彼女ですが、それでも確信的にこの音を鳴らしている気がする。
「いつかきっとあなたを仕留めてみせる」
特に誰を狙っているわけでも、
特に大それた野心を持っているわけでもないのでしょうが、
知らず知らずにはまり込んでいくのに、なすすべもなくなっていると、音楽の怖さ、音楽の意外性を感じずにはいられません。

こんな調子で、いきなり
「パパにそれをやらせてあげたわ」
とささやかれるのですから、思わず生唾をゴクリと飲み干してしまう(I Let My Daddy Do That)。どんな妖しくて、ありえなくて、こっけいな世界をも表現できてしまう、ポップ・ミュージックの底知れぬ影響力に、思わず戦慄が走る瞬間です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。