So-net無料ブログ作成
検索選択

Nada Surf - Lucky [Artist M-O]

「ねえ、いまなにを考えていたの?」
「え?なんでもないよ」
「なんでもないってことないでしょ」
「ほんと、なんにも考えてなかったよ」

僕たちの存在は、
不確定性原理だと思う。
あなたから見たわたしは、
決してそうではない。
わたしが思っているわたしは、
本当はそうではない。
捕まえようとするとすり抜ける。
確定しようとすると、
その意志のおかげで
ずれていく。

ある漠然とした空間の
どこかにはいる。
性格空間、
能力空間、
体格空間、
良心空間、
愛情空間。
私たちを形作る要素要素は、
確かに存在しているけれども、
正確に突き止めることはできない。

今日も僕は、
君の瞳をするりとかわす。

Nada 無
Surf 漂流

もうかれこれ20年近く
漂っている。

なにがNada Surfなんだろう?
なにがロックなんだろう?
この音楽は、なんだろう?

明るいふわふわした
上機嫌のロック。
ポップで、涙っぽくて、トントン進んでいく。
でもやっぱり、
その正体は突き止められない。

留めておこうとしても、
彼らは、笑いながら行ってしまう。
向こうのほうへ行ってしまう。

この音楽に中心はない。
つかもうとしても、するりとすり抜ける。
落ち着くところのない
浮ついた感傷だけが漂っている。

感傷の余韻だけをばら撒きながら、
このバンドは存在し続ける。
そう、つかめないけれども、
確かにいるのだ。

このあいまいな存在感を受け入れることができるとき、
ぼくたちはどうなるのだろう。

思うに、
きっと一瞬の悟りの閃光の後に、
すべてが消えていくのだろう。
気持ちも、喜びも、生きているという実感も。

あいまいだからこそ、
わたしたちはわたしたちでいられるのだ。

「ねえ、なにを考えているの?」
「きっとなにかを考えているんだよ」
「そうね。わたしもよ」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。