So-net無料ブログ作成

Bojan Gorisek - Erik Satie Complete Piano Works Volume 1 [Artist G-I]

人は高層階に住んでいると、頭が悪くなるのだそうです。
先日、設計事務所の建築士の方から聞きました。
「住まいによって、夫婦の仲とか、家族の関係とか変わるものじゃないんですか?」と質問したところ、その通りなのですよ、という流れで出てきた話。

もともとは、高層マンションに住んでいるペットの犬の様子がおかしいことから始まったそうです。方向感覚や嗅覚など、犬が本来持っている鋭い感覚が失われることがわかり、「もしかして、人間にも同じようなことが起きるのではないか」と研究されるようになった。子供の成績は、高層階ほど落ちる。つまり高層に住んでいる子供は頭が悪くなる、という研究成果があるのだそうです。

地上に住むこと。
土からの湿気や香りや温度を通して四季を感じ取る。地に足が着いている無意識の安心感。そんなことが情緒安定や知的成長に効いているのではないかといわれているそうです。

でも、
「高層階から遠くの景色を眺めることは、いいんじゃないですか?」
と聞いてみると、まったく何の意味もないと言われてしまいました。

あなたは信じますか?

さて、
サティ

19世紀末のEric Satieのピアノは、どこか高層階の雰囲気。
当時の音楽界の常識=「地上」から解き放たれ、自由な思考の風船に乗って、ふわふわと空の上を漂っている。聞かれるため/聞くための音楽ではなく、そこに空気のように存在する音楽。地上人からすれば、確かに「頭の悪い」音楽なのかもしれません。

バベルの塔はいつかは崩壊します。
しかし、それでも高いところへ、天へと登っていこうとする人間の本能には、何か前向きな意味合いがあるような気がしてなりません。

Eric Satieをいつまでも聞いていられるのは、澄んだ空気のまどろみの中に、まだ知覚したことのない知性の領域が開かれていくような気がするからです。それはただの空想、ただの退行なのかもしれません。しかし、期待の心地よさは、賭けてみたい誘惑となって私たちを突き動かす。答えはそう簡単には出ないのです。

もう少し、空の近くにいてもいいんじゃないかと思います。

「高層階の犬はヘリコプターの夢を見る」
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

ありそん

高層階に住んでいると~というお話、初めて聞きました!勝手なイメージでは、その逆のような気がしていました。私は、高層階に住んだことはないですが、だからといって頭が良い訳でもないし、、、。

サティのことをこういう風にちゃんと考えたことはなかったですが、読みながら、うん、うん、うんと思いました。
by ありそん (2008-03-10 00:32) 

ezsin

ですよね。私も高層階の方が頭がよくなると思っていました。頭が良くても悪くても、遠くを眺めて過ごしていたいなあと思います。海とかでもいいけど・・
by ezsin (2008-03-10 02:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0