So-net無料ブログ作成
検索選択

Primal Scream - More Light [Artist P-R]

2013年のリアリティとは何か。
オープニングナンバーの「2013」が流れた瞬間に、
脳天をぶっ飛ばされる衝撃を覚えるが、
なぜこれほどまで、この音に反応=同期してしまうのだろう。

音のエネルギーのほとんどは、
Pain、Elimination、Beastといったキーワードから想像できるように、
現状に対する強いネガティブな要素から成り立っているが、
否定、怒りや破壊的な衝動に結びつく過激さではない。

一方で、It’s Alright, It’s Okayという究極の楽天的なナンバーが、
あっけらかんと歌われたりするが、
これも、白々しさのぎりぎりのところで止められた装いから、
安易な救済観に対する、むしろ皮肉のように聞こえてくる。

これらすべてがぎゅうぎゅうに音の中に詰め込まれて、
全体として、高い緊張感に覆われた
「圧縮された渾然一体感」
を聞き手に引き起こす。

圧縮された感じは、
ネガティブの行き着く先としての「救いのない絶望」
あるいはポジティブのいく先としての「限りない希望」
どちらにも突き抜けることのできない、
現代のもどかしさそのものなのだろう。

会社に行けば、「低迷する業績」のもと、会社を追い出される。
調子のいい政治指導者が、「新しい未来のため」に意味不明な施策を打ち出す。
幼児が幼児を拳銃で撃ち殺し、集団を爆破しようとした人たちを、集団が撃ち殺す。
目に見えない微粒子におびえ、目に見えない素粒子に惑わされる。
テーブルの向こうに座る彼は、あなたの話を聞いていないし、
話しているあなたも、彼に向かって話をしているわけではない。

今に始まったことではなく、
いつの時代のどこにでも存在している。
世の中は常にこういった「違和感」のかたまりだ。

その違和感に対して、
あきらめることも、
がんばることも、
どちらもうまくできない。

現代の違和感への答えが簡単ではないこと、
その先の未来を、ネガティブにもポジティブに捉えきれずに、
複雑さの迷宮入りを果たしていることも、
うすうす私たちは感じている。

絶望や希望に帰着させようとした瞬間に、
一切のリアリティが失われる。
「2013」という現在は、それほどの強い重力で
私たちを違和感に縛り付ける。

More Lightを聞いてぶっ飛ばされそうになるのは、
この状態が崩壊寸前だからなのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。