So-net無料ブログ作成

Temples - Sun Structures [Artist S-U]

60年代のサイケサウンドがただ好きだからといって、これほどのクオリティの楽曲群は作れない。どこが人を熱狂させるツボなのかを、曲の構成的な部分を含めてしっかりとつかみ、さらにはその法則を自在に操り、現代に通用する新しいグルーヴを生み出す確かな才能を持っている。しかもすべてとても無意識的に、感覚的にやってしまっている。

いまや日常になったツイート、フェイスブック、インスタグラムなどを通じた短く即時的なコミュニケーション(Short Instant Communicationという言葉を作ってもいいくらい)によって、私たちの知識の吸収の仕方、整理の仕方、考え方は変わってきている。まだ途上だと思うのだが、それでも一昔前とはずいぶん違う。

アーティストの作品も、それに伴って少しずつ変化しているはずだ。Sun Structuresにある、とても軽快な感じはその表れではないかと思う。

「サイケ」というジャンルにはまると、60年代当時の世相やイデオロギー、事件など、そのサウンドに影響を色濃く与えた周辺事象に否が応でも関心が向き、どんどんのめりこんでしまう。サウンド自体がそのような麻薬性、吸引性を持っていることも影響する。

Templesはそんな旧来的なはまり方とは無縁で、もちろんByrdsやKinksのSomething Elseを「いいね!」と思うのだろうけど、Primal Screamのコンサートも、渋谷の町並みも、Max Ernstも同じように「おもしろーい」と感じ、深く考えずに次ぎの対象にどんどん移っていく(もとネタ)。

彼らのサイケとは、日常に転がるちょっと変な尖ったものを次々つなげていく興味の連鎖のことであって、とどまらずにホッピングしていく思考過程で醸成され、磨かれていく感性が、彼らの創作の力になっているのだろう。だから彼らのサウンドは古臭く感じることなく、今の私たちの情報タイムラインの上を違和感なく流れていくのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0