So-net無料ブログ作成
検索選択

Alvvays - Alvvays [Artist A-C]

うれしくて泣けてくるほど、これ以上ないほど、まんまのインディーバンド然。
こういうたたずまいをメジャー化する戦略としてあくどく用いることもできるけれども、バンドが持っている本質的なナイーブさは、そう簡単に作り出すことはできない。

Alvvaysが本物だと感じるのは、この痛々しいナイーブさがそれこそ痛々しいほどに伝わってしまうからだ。

しかしこういうデビュー時に持っている甘酸っぱい感覚は、はかない。
ちょっとでも大人になってしまうか、ひねくれてしまうか、少しでも「わかってしまう」と、それは消えてしまう。
下手をするとセカンドアルバムすらまでも持たなかったりする。

二度と同じように鳴らされることがないことが直観的にわかってしまう。
それほど奇跡的な均衡の上で本作は鳴っている。
これはもう、この瞬間に立ち会えていることを精一杯かみしめるしかない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0