So-net無料ブログ作成

Girlpool - Powerplant [Artist G-I]

「絆」という言葉の周辺に漂う押し付けがましさ。
大量生産され、大量消費される中で、知らず知らずのうちに形成されたコミュニケーションに対する過剰評価と、そのことを否定することができにくい排他的な雰囲気。
マイノリティがどれだけ注目されようと、それがあくまで「マジョリティ」側から見た相対化の枠組みの中で語られる限りは、いつまでたっても、その人の居心地の悪さは変わらない。「マイノリティ」とは、規定され、区別される特定の集団ではなくて、私たち一人ひとりのことに他ならないのに。ふと自分に立ち返るとき、まわりのだれもが同じように立ち返る「殻」をもつ、孤独な存在にしかすぎないと気づくこと。
そこが出発点のはずなのに。

おそらくそんなミニマルでパーソナルな個と個の関係を基点としてGirlpoolは始まったのだろう。二人の関係とて、ベタベタした表層的なものではなく、傷つけあい、わかり得なさに直面しつつも、ぶつかりあう「個」の生々しさの感覚を求めて共にいるような。

そんな緊張感とも親密感ともいえない微妙な関係から生み出されるものが音楽だった。
ぶつかり合いの持って行き先として音楽しかなかったのだろう。

抑制の効いたささやくようなハーモニーは、二人の距離感として必然で、時にきりきりと歪みだすシンプルなギターサウンドは、周りが押し付けようとしてくる規格化や画一化された関係性に対抗する精一杯の自己宣言なのだ。

かような意味でのマイノリティのあり方を考えるとき、物理的にも、社会的にも、肉体的にも、すなわち実態的なものとして存在しない音楽に収斂していくことは、とても示唆に富むことではないだろうか。

「そこにいて。そのたいくつなどこかで、きってみつける」
と歌うStatic Somewhere。
間違いなくこの音の中にわたしたちはいる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Big Thief - Masterpiece [Artist A-C]

稀有なバンドには不思議と生命体の命が宿る。
個々のメンバーはそれぞれのパートを担い、人為的な営みとして1つのバンドサウンドが構築されていくのだけれども、あるときその音の中にアイデンティティが産み落とされる。

その命は徐々に成長し、構成メンバーでもコントロールできないものへと進化する。
良くも悪くも、メンバーだけでなく、ファンをもその配下に従属させていく。

Big Thiefは、
硬軟自由なフロントシンガー、
切れ味と情感を兼ね備えたギタリスト、
息を呑むほど高い完成度の楽曲、
とバンドとしての知性が際立っており、あっという間にバンドの生命体が宿っている。

もうすぐセカンドアルバムが出るというタイミングで、その瞬間を今か今かとドキドキしながら待つ。
それはきっとメンバーも同じなのではないかと思う。
このバンドはどんな成長を遂げるのだろう、このバンドのために自分たちの果たす役割は何なのだろう。その一部であることに誇りを持ちつつ、自分たちの意図以上に可能性を膨らませるこの生命体と、ワクワクしながら付き合っているに違いない。

どの曲も名曲過ぎ。
デビューアルバムからMasterpieceとはなかなかつけられないものの、そうとしか形容できない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽