So-net無料ブログ作成
Artist M-O ブログトップ
前の10件 | -

Mitski - Bury Me At Makeout Creek [Artist M-O]

僕は16歳までに8回引越しをしている。
ほぼ2年に一度と間隔も同じ。
途中イギリスに4年間行っていたが、そこも例外ではなく、一度引っ越している。

毎回転校を伴うので、友達とも縁が切れる。
なんとなくまた引っ越すのがわかっているので、それほど仲良くならない。
仲良くなるまで付き合えなかったのか、別れるのがさびしいから深入りしなかったのか、今となってはわからない。

人付き合いは得意なほうではなかったが、転校先でいかにうまく溶け込むかの処世術は身に付けた。
「転校生」は色眼鏡で見られるので、目立たないように、それとなく郷のしきたりを感じ取り、郷に従っていくプロセスは、半ばマニュアル化してあって、毎回忠実に履行した。

転校はそれなりにメリットもあって、一度築いたステータスを、それが良くも悪くも、リセットできて、新天地で一からやり直せた。「前はこうやって失敗したから今度はこうやってこんな人物像を目指そう」と。ステータスが良かったことはほとんどなく、毎回毎回居心地の悪い「こんなはずじゃなかった」状態に陥ったが、少なくとも逃げ出せることは救いだった。

当然ながら幼なじみはいない。
いないもなにも、小さいころの知り合いの消息をひとりも知らない。

そしてふるさとという概念がない。
生まれたところは当然わかっているが、何の思いもいだかない。
小さいころの景色はどれも断片的で、自分の現実との連続性が見出せず、映画で見る景色と大きな違いがない。

そういう自分の育ちを恨んだことはないし、全体としては良かった、その強みを活かしてきたと思っている。
良くも悪くもそれが自分を形作り、自分自身をその生い立ちで否定する必要はない。

Mitskiをはじめて聞いたとき衝撃が走った。ものすごく個人的な意味で。
漠然と抱いていたアイデンティティ危機や、思考回路の孤立感のまわりがきれいに晴れていく感じ。
そして何よりもなぜ自分はこんなに非日本の音楽ばかりを求め、そこに固執するのか。
Mitskiのありかたとその音楽から腑に落ちるものを得た。

マイノリティとしての日本人が、いったん日本の社会で居場所を失い、日本以外の場所に居場所を求めたところで、やはりマイノリティとして排除される。そのときに頼れるものは唯一、理念としてユニバーサルで、オープンソース化しているロックであり、ポピュラーミュージックだった。

幼いころに経験したイギリス体験は強烈で、思春期の大半を過ごした日本での鬱屈とした日々を支えたのも、いつか日本の外に出て行けば自分の居場所がある、という思いだった。ロンドンを無理やり故郷に仕立てあげ、ニューヨークを理想郷にして、いろいろなことを我慢した。その後、願いかなって何度も渡米し、大人になって本格的にアメリカで生活するようになって感じたことは、なんてことはない、今までと変わらない疎外感。ここにも居場所はなかった、というあっけらかんとした事実。

日本、イギリス、という問題ではなく、処世術としてきたコミュニティ構築法そのものが断絶を生み、自らを孤立化させていたのだという気づき。

マイノリティの権利が声高に主張されるこのご時勢。LGBT、MeToo、どれをとってもそのマイノリティの定義とされるカテゴリはコミュニティ化されており、少なくともその中では相互に繋がっていることを前提にしている。その団結を核として権利を勝ち取ろうという構図。ところが究極のマイノリティとは、カテゴリではなく、さらに細分化されるひとりひとり、個人に他ならない。

Mitskiがこれほどシーンの中で際立つのは、カテゴリベースのマイノリティ議論の虚を、ロックシーンのど真ん中で、それまでおよそ存在のかけらもなかった日本人という超孤立化したキャラクターとして出現することで象徴的に突いているからだろう。その姿勢と主張は、だからこそ、ものすごくパーソナルな次元で迫ってくる。

Squareというとてつもなく美しい曲がある。
学校で製作されたという前作では、セッションミュージシャン(あるいは学生たち?)による「コミュニティ」バージョンだったが(そのバージョンもすばらしいけれど)、ここではピアノの弾き語り。十八番化した観のある異人種間の悲恋を下敷きとしつつ、ここから浮かび上がるのは、立ち去らざるを得ないMitskiと同じくらい孤独でなすすべもない、四角い部屋に住む不器用なパートナーの姿。LOVEという最後のつながりをもぱっさり切ったところから、ユニバーサルなこれからの新しいアイデンティティの確立を目指すMitskiは、僕にとっては救世主のようなものだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Nine Inch Nails - Add Violence [Artist M-O]

また5歳の子供の虐待死のニュースがあった。
画面のテキストも音声もすべて遮断したくなるほど、受け止めるだけの耐性がない。
怒りや悲しみや無力感やなにやらのあらゆる感情のはけ口がなく、虚無感だけが支配するこの暗澹たるやるせなさ。
しかしこれが現実。

際限なく暴力を振るうもの。
それをながめるだけの麻痺した傍観者。
そしてなすすべもなく押しつぶされていく弱きもの。

第二次世界大戦の強制収容所で行われたことが、常識の観点からはとうてい理解できず、この世のものとしてリンクさせることを半ば拒否することで精神安定を保とうしてしている中で、こうして紛れもない事実として私たちの周りに存在することの戦慄。

やるせなさの半分は、そんな暴力の片鱗を私たちの誰もが持ち合わせているということ。
そしてこういう現実を生み出す社会を作り出しているのもまた私たちでしかないということ。
私たちは答えを見いだせていないし、弔いの言葉すらもはばかれるほど、救いもない。
どうしたところでこの命は返ってこないし、その叫びは主体を失ったまま永遠に宙を漂い続ける。

NINはそんな叫びの残骸を集め、再生し続けている。
彼らの再生機が鳴り止むことはない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Morcheeba - Blaze Away [Artist M-O]

懐かしい響き、毛千葉。
董事のハイプだったときから、そのエキゾチック趣味が冴えていた。
主に歌い手のSkypeの伽羅によるところが大きかったが、最新モードのサウンドをやっていても、スポットライトを酒、どこか距離を置くナーバスなところが魅力的だった。
時を経て、さまざまな遍歴を経ての昆作においてもそれは変わらない。
むしろその旅はずっと続いていたのだと気づかされる。
エキゾチックな探求を続けるノマド。
独特のグルーヴは、そうした姿勢から自然に生まれるペースメーカーなのだ。
Mezcal Dreamに宵ながら、今酔もどこかへと旅立とう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Oneohtrix Point Never - Age Of [Artist M-O]

自由はいびつで孤独だ。
いろんなものから解放された自由な音響体験を目指す本作も、公の場で鳴らせば衆は雲散霧消してしまうだろう。それほどに私たちは常識やルールの「不自由」の中にいる。不自由が心地よく、あえて否定する必要がない中で、それでもこの音楽が意味を持つのは、無自覚の拘束が秘める暴力性、もっと身近に言えば疲労性に屈しないためだ。硬直化された基準から離れて聞くことができたとき、この作品がもたらす深い安堵はとても貴重なものだ。

常識の世界での人付き合いや「つながり」にほとんど意味や意欲を見出せなくなっている自分にとって、この「解放感の共有」さえあれば、文字通り「不自由」しない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Martin Nonstatic - Ligand [Artist M-O]

化学、生物学、天文学の用語がタイトルに並ぶように、科学的な意図を持って製作されたことが伝わってくる。注意深く選ばれた音と配置により、立体的で複雑な音響空間が出来上がっている。

音楽そのもので感情にはたらきかけるのではなく、その空間を体感する中から新たな感覚が聞き手の中で湧き上がるような。ちょうど葉脈の中に造形美を見出すように。意図しない自然界の中から意図を勝手に抽出してしまう私たちの習性を念頭に、その起点となる「そこにあるだけなのに気になってしょうがない」音がここにある。

研究者:Martin Nonstatic
研究テーマ:「Ligand」と聞き手との間で起きる反応を観察し、分析すること。

では実験開始-

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Mogwai - Every Country's Sun [Artist M-O]

I was riding the subway to my office the other morning.
An old man was sitting in the priority seat and I happened to stand in front of him.
He was wearing a kaki jacket and a porkpie hat and had earphones in his ears.
He took out from his pocket a classic iPod, the one you don't see these days.
I'd being doing so until I decided to switch to iPhone quite recently.

He starting rolling the wheel with his trembling thick fingers.
It gradually took my attention and I watched him slowly raise his iPod closer to his face.
It seemed difficult for him reading the small fonts on the screen.
I also caught a glimpse of what he was looking at.

It read "Van Morrison."

I couldn't get the name of the song nor the album.
But gosh..

I was listening to Mogwai's new album Every Country's Sun.
I raised the volume of my iPhone a notch and took my eyes off to the window.

The music sounded ever so calm and blissful.
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Minor Victories - Minor Victories [Artist M-O]

浄化作用のある轟音。

いつからか
癒しをそのまま癒しとして感じ取れず、
吐露を吐露として捨て吐き出せず、
苦悩を苦悩として直視できず、
感情のおもむくままの涙が流せず、
共感するには引き受ける現実が重過ぎる中、
硬直した意識の上をただ時間が過ぎていく。

重苦しさに慣れきった日常を静かに揺らしながら、
くすぶり続ける変革への未練をひとつずつ消していく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Alanis Morrisette - Flavors Of Entanglement [Artist M-O]

次々と若手が登場する中で、既に中堅的な存在のAlanis。青さと円熟の中間くらいの音作りが個性的に光る。キーボードやストリングスが、アジアや中近東などがほどよくブレンドされた骨太のロックサウンドに彩を添える。強い声には安住しない決意が宿る一方で、朗々とした響きには深い包容力がみなぎる。すっと背筋を伸ばして、明日への希望を取り戻す。そんな気にさせてくれる活性剤。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Aimee Mann - @#%&*!Smilers [Artist M-O]

レイドバックしたトラッドな音作りの中にも、ユーモアと鋭い音の批評家精神をしのばせる。エレクトリック処理ひとつとっても、過去と現代を見つめながら、「なぜその音なのか」をきっちりと考察していることがうかがえる。あからさまにエキセントリックにならなくても、時代を切ることはできるのだ。すーっとおなかの中に入り込み、それからじわじわとあたまめがけて浸透していく。やわらかい音の中にこそ、激しさが宿る。それは表向きの音の感触ではなく、皮一枚下に潜む落ち着かなさや悲しさ。Aimee Mannにふれると冷たさとぬくもりは同じなのだと悟る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

NERD - Seeing Sounds [Artist M-O]

かゆいところに手が届く音。
ちょうど背中の真ん中あたり。
無理しないと届かない。
かゆいけれどもなかなか掻けない。

NERDのサウンドは、
ロック、
ヒップホップ、
ファンク、
ポップス、
それぞれの中にいそうで、
微妙に外れている。
取り込まれそうで、
そうではない。
そう、普通に届く音ではなくて、
それぞれに飽き足らずに
何かを求めるときに
ちょうど近傍に位置するのが彼ら。

普通を求めたら、
あるいは肩透かしを食らうのかもしれない。
カテゴリ/定形を求めると
必ずしもはまらない。

でも確実に背中はかゆいのだ。
孫の手のようなNERDは必要なのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - Artist M-O ブログトップ