So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

GAS - Rausc [Artist G-I]

シンガポールに来ている。
先週、初の米朝首脳会談があったばかりで、ネタとして「米朝クッキー」でもお土産に買おうと思ったが、そんなものはおろか、会談があったことを示す痕跡のかけらもなかった。現地の人に聞いても、そんなことがあったね、という感じ。

帰りの空港へ向かうタクシーの運転手も笑いながら「間抜けな二人の客人」のために大金を投じた政府を皮肉っていた。もっともシンガポールの治安の良さは世界に知れ渡ったとも。これをビジネスにするべきだね、と応じた。

シンガポールでタクシーの免許を取るのは大変かと聞いたら、シンガポール人なら誰でも取れると言った。
ただ当局から指導を受けることが多く、それはタクシー運転手が「国のアンバサダー」だとされているからなのだそうだ。「みんな空港に着いてはじめて出会うものがタクシーだからね。そのドライバーの印象が悪いと、せっかくの旅行が全部パーだ。」
なるほど、まったく同感。
到着の高揚感をなんどかぶち壊されたことに思い至る。
さすがに世界のハブシティだ。

といいつつ、ホテルのテレビチャネルでロシアワールドカップがまったく放送されていないのはどういうことだ?
こういうところだけ自国事情なのだろうか(シンガポール代表はあまり強くない)。
街中でも、旗やグッズや(飲食店などでの)インストアビューイングを見かけない。

交差点ゆえに何事に対してもニュートラル、ということなのかな。

Rauschというのはドイツ語で陶酔という意味なのだそうだ。
世界ランク1位のドイツが初戦でメキシコに負けて、陶酔から冷や水を浴びさせられた、といったところか。

綿々と続く低音パルスは、陶酔時にやたらと意識してしまうドクンドクンという血脈であり、鼓動。
聞き手のアタマやカラダに静かに進入してくる生命体のよう。

歳をとると移動や時差がこたえ、旅の高揚感はほとんどない。
ぞれでもGASを聞ききながら楽しく時を過ごす。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Chicane - The Place You Can't Remember, The Place You Can't Forget [Artist A-C]

定期的に届けられるChicaneからの音の便りは人生の清涼剤。
今でもEDMのフェスなどとは距離を置くローキーなスタンスは、デビュー当時から変わらない。作品はむしろ原典といえるほどにもかかわらず、透き通ったピュアな印象を保ち続けているのは、それゆえ。耳あたりが優しいだけでなく、品のよさを兼ね備える。かつてはSigur Rosをカバー、ここではLambをと、粋なセンスもうれしい。

ずっと昔のこと、アメリカに留学しているときに、日本を紹介するナイトイベントを日本人学生たちで企画した。書をやったり、合気道をやったり、すしをふるまったり、発売されたばかりのプレステを開放したり。そのとき作ったパワーポイントのスライドショーに合わせる音楽として、Chicaneを選んだ。オープニングにこそ吉田兄弟の三味線を使ったりしたが、ボディのところにはめてみたLeaving Townという曲があまりにはまりすぎて、他が考えられなくなった。日本じゃないけどまあいいや。

世界中から学生が来ている学科だったこともあり、ちょっとしたグローバルイベントになり、副学長を含めて200人くらい集まったと思う。手前味噌になるがイベントはとても好評で、スライドショーも終わるとすぐに「いまの曲なに?」と何人も聞いてきた。

ぜんぜん日本じゃないんだけど、Chicaneっていうんだ、とってもいいでしょ。
エモーションはユニバーサルで、ミュージックはボーダーレスなのだ。

Chicaneの楽曲はスタジアムで大衆を先導するようなアンセムではないかもしれない。
むしろ控えめで目立たない。
それでも間違いなく聞き手を照らしてくれる。
ヘッドライナーはアーティストではない、聞き手であるアナタなのだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の2件 | -